スポンサーリンク

徹底検証!!サラリーマン金太郎は何故コケたのか!?

サラリーマン金太郎豹柄

どーもこんにちは、しょうです。

本日は題名通り、今年1月に新台導入された
サラリーマン金太郎について検証しようと思います。

僕自身はこの台から短期間で結構な報酬を受け、
かなり感謝しなければいけない台なんです(笑)
勝ってるからなんでしょうけど、個人的には結構好きな台でもあります。
(むしろ相性が良い台で嫌いな台なんてない…笑)

しかし、そんな愛する金太郎ですが、僕の地域では
ほぼ全滅でございます。
覚悟していたことですが、結構な導入台数があったにもかかわらず
あまりにも稼働期間が短すぎます。

ですので今回は、何故人気がでなかったのか?
イチスロッター目線で見てみます。

  • 通常時演出
  • ボーナス中演出
  • AT中演出


今回は、この3つの演出視点で分析してみたいと思います。
※あくまで個人的見解です。

スポンサーリンク

1 通常時演出検証。熱くなるポイントがわからない!

通常時の演出は、「熱くなるポイント」
が演出でわかりにくい、もしくはほぼなかった事が原因の一つかなと感じられます。

もちろんこの台のポイントとしては
「高確に上げて押し順ナビからのチャンリプ連打」
だと思いますが、そこ以外ほぼ皆無です。

サラリーマン金太郎弁当箱画像
※弁当箱演出
期待度的には
竜太>ハート>通常>空弁当
巨大弁当箱ならチャンス役。
しかし、竜太がきたところで、高確の期待度が若干上がる程度。

むしろ高確以外でも結構きたりする。

空弁当箱に関しては、わざわざ弁当を持ってきたにもかかわらず空という、
かなりシュールな演出に仕上がっています。


黄門ちゃま喝
黄門ちゃま画像
※個人的にはあまり好みではない「黄門ちゃま」
しかし、少し煽りが激しすぎる通常演出と、
多彩なチャンスゾーンで
客ウケは悪くなかった印象を受けます。


ミリオンゴッド神々の凱旋
ゴッド凱旋雷画像
※長々と続く演出はなく、確定役を引くか、
チャンスゾーンに持っていかなければ
作業感満載になってしまう「ゴッドシリーズ」

しかし、演出1つ1つに高級感があり
シンプルながらも打ち手の心をグッと掴んでいる。


他の台にある自力解除ゾーン的なモノ、
または鉄板的な演出がかなりわかりにくい為、
「つまらない」の印象が強くなってしまうんだと思います。

もちろんさりげなく熱い演出はありますが、
(高確確定時で伊郷がきて、押し順チャンリプが揃ったにもかかわらず、演出発展なし等)

そもそもそこを気づかせるには、
ある程度金太郎のリピーター
なってもらってからの話だ。

2 ボーナス中演出。楽しみは拳演出のみ

ボーナス中はほぼ拳演出のみ。
拳を揃えなければお話にならないです。

赤7は金太郎がバイクに乗ってるだけという何とも言えない感じです。

青7は金太郎の義娘である美々が、歌を歌うだけ、
さらに金太郎のバイク演出を使いまわすという
何ともお始末な作りです。

サラリーマン金太郎椎名画像
※たまに登場する椎名君。彼はこの台屈指の鉄板キャラ。
しかしAT中は登場しません。


サラリーマン番長
サラリーマン番長ボーナス選択画面
※同じくボーナス中にATに入れるかが鍵となる
「サラリーマン番長」
AT突入率は低いものの、3キャラから選べるボーナス、
毎回ハラハラのボーナス継続演出、次回天国示唆演出など、
楽しみがあります。


バジリスク絆
バジリスク絆朧画像
※今なお高稼働が続く「バジリスク絆」
この台も3キャラから選べるボーナス。
キャラごとに設定判別とモード判別
見抜ける仕様はあまりにも有名ですね。


金太郎の場合はベル残り3回でAT未突入にもなると、
終わった感がハンパないです(笑)

サラリーマン金太郎
AT未突入時、ラストの獲得枚数の色が設定判別の材料になります。
これは少し嬉しいが、稼働がすぐに吹き飛んだ為、そもそも設定が入りませんでした。

3 唯一評価できるAT中!ただ、熱いキャラがほぼ弱そうだ!

AT中は個人的には好きです。
通常時と比べればかなりマシだと思います。

AT中のボーナスコンボは結構クセになりますね。

金太郎天王山画像
※天王山には何気に結構入ってくれる。

金太郎AT中画像
※しかしずっと気になっていたんですが、
そもそも金太郎は、ここで一体何をしているんだって話です(笑)

鷹司チャンス出世回胴チャンスなど、通常時よりは少し手のこんだ作り。
しかし出世回胴チャンスは平八の頭突きの劣化版に見えてしまう。

物申すなら、カットインキャラがどれも弱そうです。
竜太から「チャンスだよ」と言われてもかなり頼りないし、熱くなれない。

サラリーマン金太郎美鈴画像
美鈴カットイン。
美々(青ボーナスのキャラ)よりはマシだが、もう少し何とかならなかったのでしょうか。
そもそも、このCGでは金太郎の世界観は出せなかった印象を受けます。
もともと泥臭い漫画ですし。

そして去ってしまった金太郎

導入前はそこそこ騒がれていましたが、
その後、あっという間に台数が減少してしまった金太郎。

近隣のホールでは3か月間のうちに
20台→10台→5台→0という
見事なまでのコケっぷりにかなりショックを受けたのは鮮明に覚えています。

近隣では7店舗合計で50台以上あった台が現在たったの8台です。

しかし、現在金太郎を打っている人を見ると
いつも金太郎を打っている、いわば「常連」さん。

やっぱりこの台好きな人は好きなんだと思います。

ただあまりにもその人達が少なすぎました…

こういったリセット恩恵があり、
天井狙いも浅いG数からガンガン狙えた機種は鉄拳以来だったので、
期待しましたが鉄拳よりも遥かに早く消えてしまって、とても残念に思います。

願わくば、新台入替で過去のAT機を導入する場合は
1台でも金太郎を入れてくれると嬉しいです(笑)

▼ブログ村 ランキング参加しました▼
スロット収支ランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

Page Top