スポンサーリンク

鉄拳3rdエンジェルver/解析攻略・スペックまとめ

スロット鉄拳3rdエンジェルverの画像

©BANDAI NAMCO Entertainment ©YAMASA

スロット新台 『鉄拳3rdエンジェルver

山佐から鉄拳の新作が遂に登場。リアルボーナス搭載のAT機+4THリール搭載とかなり話題を集めている本機。

導入台数は少なめですが仕上がりの方はいかに・・・。

鉄拳3rdエンジェルverの詳細解析は以下からどーぞ。

基本スペック/鉄拳3rdエンジェルver

スロット鉄拳3rdエンジェルverのオーガの画像

©BANDAI NAMCO Entertainment ©YAMASA

ボーナス・AT初当たり確率と機械割

鉄拳3rdエンジェル
基本スペック
設定 ボーナス AT 機械割
1 1/84.1 1/752 96.9%
2 1/84.1 1/726 98.3%
3 1/84.1 1/681 99.7%
4 1/83.7 1/623 102.0%
5 1/82.6 1/555 105.5%
6 1/82.0 1/483 110.2%

AT確率に大きな設定差が存在。設定1はきつい展開が続くかもしれませんが、設定6のAT突入率は別格。

1000円あたりの回転数と純増枚数

鉄拳3rdエンジェル
回転数・純増枚数
タイプ AT機
(+ボーナス)
純増枚数 2.4枚/G
(ボナ込2.7枚)
回転数/50枚 約23G

天井狙い目・恩恵

鉄拳3rdエンジェル
天井性能
天井G数 非搭載

天井は非搭載の模様。その他狙い目が判明次第、随時更新。

設定差・設定判別

設定判別要素としては、

  • AT初当たり確率
  • TAGバトル当選率
  • 特定ボーナス確率
  • レア小役確率

ただし設定差が僅かだったり、設定差は大きいが分母が大きいなど設定判別は少し困難。さらに超荒波使用なため高設定でも負ける可能性は充分考えられます。

設定判別を補足程度に、ホール状況を把握して設定にかなり期待できる際のみ臨むのがよさそうです。設定判別の詳細は下記記事に詳しくまとめています。※資金管理には充分ご注意下さい。

打ち方・小役関連

スロット鉄拳3rdエンジェルverのアーマーキングの画像

©BANDAI NAMCO Entertainment ©YAMASA

通常時の打ち方/鉄拳3rdエンジェルver

  1. 通常時、左リールにいずれかのBARを狙う。
  2. 残りはフリー打ちでOK。

通常時の打ち方は簡単で、左リールのみBAR狙いでOK。小役は『上段リプレイ・下段リプレイ・弱チャンスリプレイ・強チャンスリプレイ』の4種がある模様。

小役出目/鉄拳3rdエンジェルver

鉄拳3エンジェル
小役出目
小役 出目
上段
リプレイ
上段リプ4連
下段
リプレイ
下段リプ4連
弱チャンス
リプレイ
中段リプ3連
強チャンス
リプレイ
中段7図柄3連

スポンサーリンク

通常時ステージと内部状態

通常時のステージ/鉄拳3rdエンジェルver

スロット鉄拳3rdエンジェルverのキングステージの画像

鉄拳3エンジェル
通常ステージとモード
ステージ・モード 告知
エンジェル
モード
通常
シャオユウステージ
キングステージ
アーマーキングモード 完全告知
オーガモード チャンス告知

通常時は告知タイプを任意で選ぶ事が可能。

内部状態に関しては不明のため、分かり次第随時更新。

自力チャンスゾーン

通常時のAT当選は『TAGバトル』経由が基本。バトル勝利でAT確定となる。

また通常時のボーナス後オーガ出現で大チャンス!演出成功で『鉄拳ヘブン』が確定となる。

TAGバトル/鉄拳3rdエンジェルver

スロット鉄拳3rdエンジェルverのTAGバトルの画像

TAGバトル/概要
突入契機 鉄拳チャンレンジ成功など
継続G数 最大11G
AT期待度 約50%

通常時のボーナス『鉄拳チャレンジ』の抽選などによって突入の可能性がある『TAGバトル』。

バトル中は全小役でAT抽選を行い、弱・強チャンスリプレイならAT当選のチャンスとなる。

TAGバトル/対戦キャラ別の勝利期待度

スロット鉄拳3rdエンジェルverのTAGバトルの画像

TAGバトル
対戦キャラ別の勝利期待度
対戦キャラ 期待度
苦手キャラ
ポール&ロウ
平八&仁八
木人&巌竜 激熱

苦手キャラ以外が登場でチャンス!平八&仁八は高期待度キャラ、木人&巌竜なら勝利濃厚となる。

オーガチャレンジ/鉄拳3rdエンジェルver

オーガチャレンジ/概要
突入契機 ボーナス後
AT期待度 約50%
恩恵 成功で鉄拳ヘブン

ボーナス後、オーガが出現すれば鉄拳ヘブン突入の大チャンス!3G後に小役を引ければ演出成功。

ボーナス・鉄拳チャレンジの詳細

スロット鉄拳3rdエンジェルverの鉄拳チャレンジの画像

ボーナス/概要
当選契機 BAR揃い
獲得枚数 約85枚
確率 約1/84

獲得枚数約85枚の本物ボーナス。通常時はTAGバトルをかけた抽選が行われ、まずはここでTAGバトルへ突入させる事がAT当選のカギとなる。

消化中は告知タイプを『バトル告知・後告知・衝撃告知』の3タイプから選ぶことが可能。最終的に告知が発生すればTAGバトルが確定。

また、AT中はデビルバトルへと発展し、デビルバトル中orTAGバトル時のボーナスはAT確定となる。

AT神鉄拳ラッシュ・鉄拳ヘブンの詳細

ATは通常版の『神鉄拳ラッシュ』と、高継続のチャンスとなる『鉄拳ヘブン』の2つが存在。

神鉄拳ラッシュ/鉄拳3rdエンジェルver

スロット鉄拳3rdエンジェルverの神鉄拳ラッシュの画像

AT神鉄拳ラッシュ/概要
当選契機 TAGバトル勝利など
純増枚数 2.4枚/G

AT『神鉄拳ラッシュ』は、G数管理ではなく次回ボーナスまで必ず継続し、ボーナス終了後の『デビルバトル』で継続抽選。

AT消化中はバトルポイントなるポイントシステムを採用。毎ゲームポイント抽選を行い、ポイントはロゴの色で示唆。
虹色に変化すれば継続確定で、継続確定後のポイントはストック抽選が行われる。

AT中はボーナスを引かないほど、ゲーム数継続&ポイント獲得の機会が増えるため、チャンスとなる。

デビルバトル/鉄拳3rdエンジェルver

スロット鉄拳3rdエンジェルverのデビルバトルの画像

デビルバトル/概要
当選契機 AT中のボーナス後
継続G数 最大7G

神鉄拳ラッシュ中のボーナス後に必ず突入。ラッシュ中に貯めたポイントに応じて継続抽選が行われる。ボーナス中のムービーやあ、ラッシュ中の楽曲変化はバトル勝利濃厚となる。

鉄拳HEAVEN(鉄拳ヘブン)/鉄拳3rdエンジェルver

スロット鉄拳3rdエンジェルverの鉄拳ヘブンの画像

鉄拳ヘブン/概要
当選契機 AT開始の一部
期待枚数 約2000枚
継続期待度 約90%

神鉄拳ラッシュの上位版である『鉄拳ヘブン』。

継続抽選が優遇され、高継続に期待できる。

上乗せ特化ゾーンの詳細

スロット鉄拳3rdエンジェルverの鉄拳アタックの画像
上乗せ特化ゾーンは『鉄拳アタック・平八頭突きアタック・アンノウンゾーン』が存在。

鉄拳アタック/鉄拳3rdエンジェルver

スロット鉄拳3rdエンジェルverの鉄拳アタックの画像

鉄拳アタック/概要
突入契機 ロングフリーズ
継続率 0G連×80%

本機最強の上乗せ特化ゾーン『鉄拳アタック』。滅多にお目にかかる事はできないが、突入で大量上乗せの大チャンス!

0G連が80%で継続するお馴染の特化ゾーン。

平八頭突きコンボチャンス/鉄拳3rdエンジェルver

スロット鉄拳3rdエンジェルverの頭突きコンボチャンスの画像

平八頭突きコンボ/概要
突入契機 AT中のボーナス後の一部
継続率 1G連×50%以上

こちらもお馴染の1G連型特化ゾーン。バトル勝利を1G連でストックし、平八が画面を割ればストック確定&特化ゾーン継続。

背景が赤なら継続の大チャンスとなる。

アンノウンゾーン/鉄拳3rdエンジェルver

スロット鉄拳3rdエンジェルverのアンノウンゾーンの画像

アンノウンゾーン/概要
突入契機 AT中内部ポイント
250pt到達時の約20%

ボーナスに当選するまで継続する『アンノウンゾーン』。バトル勝利ストック高確率ゾーンで、チャンスリプレイ成立でストックのチャンスとなる。

鉄拳3rdエンジェルver・解析攻略・スペック/まとめ

スロット鉄拳3rdエンジェルverのデビル仁の画像

©BANDAI NAMCO Entertainment ©YAMASA

前作鉄拳3rdはかなりのハイエナ台でしたが、今作は天井非搭載機種。今後の解析次第ではありますが、今のところハイエナ視点での狙い目はなさそう。純粋に設定狙いで楽しむ機種のようです。

AT性能は5号機史上最高クラスの性能で、1回あたりのAT期待値は約800枚だそうです。最後の最後にATハイスペック機種の登場となるわけですが、導入台数は約5,000台と多くはありません。

機会があれば打ってみたいのですが、AT確率の低い設定1だとかなりキツそうな印象を受けます。

筺体は久しぶりの4THリールでの登場。ただ打ち手の手間が増える事は事実で、そこが今の時代でも受け入れられるかにも注目です。

リール図柄は個人的には好きくないですが、仕様・演出次第ではそこは度外視で人気がでるかもしれませんね。

鉄拳3rdエンジェルver
解析まとめ・記事一覧ページへ

スロット鉄拳3rdエンジェルverの画像

©BANDAI NAMCO Entertainment ©YAMASA

コメントを残す

サブコンテンツ

Page Top